カテゴリー「08)外国の映画、ドラマ」の記事

2013/02/22

シュワちゃんの出演作は21日から…

シン・ミナ-カン・ドンウォン、キム・ジウン監督の短編映画で共演

女優のシン・ミナ(左)と俳優のカン・ドンウォン。 

トップスターのカン・ドンウォンとシン・ミナがキム・ジウン監督の短編映画を通じて初共演する。

  CGV側は21日、「新しい映写方式を採用した“スクリーンX”という上映館を実験するために制作する短編映画『Hide&Seek』(仮題)の出演者に、カン・ドンウォンとシン・ミナ、イ・ソムをキャスティングした」と伝えた。

  同作は『The Last Stand(ラストスタンド)』でハリウッド進出を果たしたキム・ジウン監督の韓国復帰作。除隊したカン・ドンウォンを主人公にキャスティングし、話題になった作品だ。彼に加えてシン・ミナも同作に合流することが伝えられ注目が集まっている。これに先立ち19日には、『ラストスタンド』の主演俳優アーノルド・シュワルツネッガーが広報のために訪韓し、『Hide&Seek』の撮影現場を見学に訪れていた。キム・ジウン監督の韓国映画の撮影現場を直接見てみたいと申し出たことから実現したという。

  映画は、主人公の「X」が正体不明の謎の品物を運搬する過程で繰り広げられる追撃戦を描いている。秘密を抱えるX役をカン・ドンウォンが、彼の恋人ミア役をシン・ミナが演じる。またXの安全を守る要員フィンガース役はイ・ソムが演じる。

  同作を通じて実験に移される“スクリーンX”の技術は、これまでのスクリーンを側面壁にまで拡大し、3面に映像を映し出す「マルチプロジェクション」方式を採用している。視野が大きく拡張されるパノラマ映像を通じて、観客の感情移入を極大化させようというのがCGV側の説明だ。CGVはこの方式の映写システムを汝矣島(ヨイド)や江南(カンナム)などの映画館にすでに設置している状態だ。

  『Hide&Seek』は1カ月間の撮影を経て今年上半期中に公開される予定だ。

 元記事はこちら 

 

シュワちゃん、 ドン君の印象はいかがだったでしょうか???

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/13

コリンねた

コリン、といってもこりん星の話じゃありませんよ。

コリン・ファースが出演するかどうかはまだ???
あの!ブリジットジョーンズが帰ってくるんだ~!

『ブリジット・ジョーンズの日記』続編、監督が辞退!理由はアメリカ人だから…やっぱりイギリス人でなきゃだめ?

2011年10月5日 17時02分

N0035912_lこの三人の共演がもう一度観たい!

 [シネマトゥデイ映画ニュース] ユニバーサル・ピクチャーズが配給を手掛けることが決定している映画『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ第3弾で、メガホンを取るとされていたポール・フェイグ監督が辞退したことがわかった。イギリスの女性作家へレン・フィーリングが、18世紀に執筆され今でもイギリスで最も愛される恋愛小説として親しまれているジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を基に、現代に生きる30代女性の結婚における悪戦苦闘を描き、イギリスのみならず世界中の女性の心をつかんだ小説「ブリジット・ジョーンズの日記」。その映画化にあたっては、アメリカ人女優レニー・ゼルウィガーが主演を務めることが物議を醸したこともあったが、デッドラインによると、フェイグ監督が辞退した理由も、自身がアメリカ人であるからという理由によるところらしい。

シャロン・マグアイア監督、ビーバン・キドロン監督とイギリス人監督がメガホンを取った第1弾、第2弾は、脚本にも原作のヘレン・フィーリング氏が参加し、2001年と2004年に公開された。当初批判のあったレニーも、大幅な体重増加をして撮影に挑み、イギリス人の心もがっちりとつかんだ。第3弾では、第2弾『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』でめでたくマークと結婚したブリジットの結婚生活、妊娠、出産などが描かれる予定で、ヘレン・フィールディングが、小説と同時進行で脚本を執筆しているという。なお、主役のブリジットを演じたレニー、生真面目な男マークを演じたコリン・ファース、浮気男ダニエルを演じたヒュー・グラントは、第3弾にも続投すると言われている。果たして、再びこじれる(?)3人の恋模様を指揮するイギリス人監督は現れるのか? 1月の撮影開始を目指して急ピッチで監督選びが行われることになりそうだ。(編集部・島村幸恵)

 

もうすでに、今から超がつくお楽しみです!!!

だけど、この撮影とかぶっちゃうからかもしれないけど、

 

コリン・ファース、『オールド・ボーイ』のリメイクには出演せず

2011年12月12日(月)23時26分配信 シネマトゥデイ

イギリス国王やったおれが今さら誘拐犯なんて……

2004年に日本公開された韓国映画『オールド・ボーイ』のハリウッドリメイク版で悪役をオファーされていたコリン・ファースがオファーを断ったとTwitchFilm.comは報じている。

先月、スパイク・リーが監督を務めるハリウッドリメイク版『オールド・ボーイ』でコリン・ファースが悪役をオファーされたと話題になっていたが、どうやらそれはかなわなかったらしい。コリンがオファーされていたのは、主人公を突然拉致し、15年もの間、監禁する謎の男。これが実現すれば、さわやかなイメージの強いコリンには珍しく悪役を演じるはずであった。

すでに主演には『ノーカントリー』や『ミルク』のジョシュ・ブローリンが決定しており、撮影は2012年初頭を予定していた。いよいよ本格的に始動かと思われていただけに今回の辞退は誠に残念だと多くのファンも思っているに違いない。(編集部・中山雄一朗)

スパイク・リー監督が描く悪役にも挑戦して欲しかったな~。残念_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/27

ううっ!

イギリスでの制作が1995年、NHK衛星第2での放映もそのあたり。

ひと目見たときからのだ~~~いファンですから、かれこれ16年になりますか???

 
  ジェインオースティンの『高慢と偏見(Pride&Prejudise)』 

 
うっかり見逃すところでしたが、

 いよいよ11月25日にBlu-rayが発売されるそうです ψ(`∇´)ψ

amazonはコチラ

もちろん、予約いたしました!!!

コリンや小山力也さんへの熱き思いは、以前にも書きましたので今回は割愛しますが (;´▽`A`` 原作よし、翻訳よし、俳優よし、吹き替えよし、の何拍子も揃ったドラマですから、ぜひ一度お時間のあるときにゆっくり鑑賞してみてください。6話完結…のはず。。。です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/11

“そして最後に”

昨日までの集中再放送も見て、今日(昨日)は涙の最終回でした。

第15シリーズまで、本当に長かったです。でも世界中で、これだけ次作が待ち望まれるドラマはなかったんではないでしょうか?

ERという番組から生まれた撮影手法などもたくさんあったはず。そんなドラマはファンを引きつけてやみませんでした。

特番「ER レトロスペクティブ」で、出演者が“チャーリーズエンジェル”のことを引き出していましたが、そんな比ではなかったと思います。

 

来年、もうERの放映は無いんだ、と思うと本当に寂しい気分になります。

でも、今日の最後のシーンを見て、ドラマの中の話なんだけど、「あぁ、ERはこれからこのままずっと続いていくんだ…」と、妙に納得している自分がいて。

       …本当に、本当に。

このドラマを観て、いろいろなことを学びました。人の弱さや強さ、人との絆、愛や性について。 そして日本との違いについても。

だけど、このドラマを観て一番感じるのは、アメリカ人には「日本のように本音と建前が無いからわかりやすい。」というのは誤解だということ。

心の機微、そして良い意味での本音と建て前もしっかりあります。だから日本人にも愛された番組だったのではないでしょうか?

  “画”も無い、まとまりも無い、しょーもない記事を書いてしまいました。(^-^;

   でも “そして最後に”    …  ERよ永遠なれ!!! 

 

以前書いたERネタの記事を読んでいただいたドン友さんから、メールをいただきました。ありがとうございます!今日の番組をご覧になっていかがだったでしょうか???

 

本国、NBCのサイトはコチラ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/02/27

ごろーちゃんと一緒。

Mv5bmji4ntuzndq5nf5bml5banbnxkftztc  

観てきました! 『英国王のスピーチ』 ははは~ ( ̄ー ̄)ニヤリ

劇場で座席指定を取ろうと列に並んでいると、後ろから「この映画って、小作品として作ったのに、なぜか賞をとってしまったって感じらしい。」「実際、配給会社もなかなか決まらなかったらしい。」

この話が本当なら凄いですね~。パンフレットにも“アメリカは英国王室が好きだ”と書いてあります。それで本当にアカデミーが取れたなら、、、気合い入れて作った人に申し訳ないですね。

 

さて、感想ですが……。

    それが、前評判ほどではなかったんです (||li`ω゚∞)

3人の名優がいたからこそ成立した映画。そして、さっきスマステでごろーちゃんが言っていたとおり、「そっか~。ふ~ん、そうだったんだ~」って進んでいく映画でした。

中には、泣いているかたもいらっしゃいましたが。

まあしかし、この映画の出演者には、『Pride and Prejudice』にMv5bmtm0mzc3njmzmv5bml5banbnxkftztc出演していた人が出ていたりして、思わず、「ダーシー!!!」って叫びそうになりました。

ダーシーファンの皆様、P&Pファンの皆様、誰が出ているのか、ぜひ探してくださいね~!

 

 

さて、、、、またちょっと、愚痴ります。
この映画は、TOHOシネマズで公開されました。…で、2日前に前売りを買って、そのまま初日の座席指定を取っておこうと行ってみると、

「当劇場では、前売り券で初日の座席指定を取ることはできません。そういうシステムになってます。」
「当日お越しになられて、お席が空いていましたら、座席指定できます。」
というのです。

それって、なんなのでしょう。。。∑(=゚ω゚=;)

前売り券を買っているのに、観たい日に観られないって、どいうこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/26

ふぁいとぉ~!

きゃ~!

「シングルマン」を観に行ったきり、ぼーっとしていたら。

今朝、『英国王のスピーチ(The King's Speech)』が、多かたの予想に反し、アカデミー賞で最多12部門にノミネートされました!と、とびっきり嬉しいニュースが飛び込んできました。

Photo

【1月26日 AFP】第83回アカデミー賞(Academy Awards)の各候補が25日に発表され、『英国王のスピーチ(The King's Speech)』が最多12部門にノミネートされた。

 続いてコーエン兄弟が西部劇をリメークした『トゥルー・グリット(True Grit)』が10部門、『インセプション(Inception)』と『ソーシャル・ネットワーク(The Social Network)』が8部門にノミネートされている。

『英国王のスピーチ』で主演男優賞にノミネートされたコリン・ファースColin Firthは、先日発表されたゴールデン・グローブ賞(Golden Globe Awards)でも同賞を受賞しており、オスカーも獲得するのではないかと予想されている。また同作品では、ヘレナ・ボナム・カーター(Helena Bonham Carter)が助演女優賞に、ジェフリー・ラッシュ(Geoffrey Rush)が助演男優賞にノミネートされている。

 ゴールデン・グローブ賞で最多4冠を達成した『ソーシャル・ネットワーク』は、アカデミー賞のノミネート数も最多になるとみられていた。しかし、アカデミー賞を選出する映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の約6000人の会員の好みに合うのは『英国王』ではないかという業界観測筋の声もあった。

『英国王』は22日に発表された全米製作者組合賞(Producers Guild Awards)で作品賞を受賞している。

 第83回アカデミー賞授賞式は2月27日に行われる。

 主要部門のノミネートは以下の通り。

<作品賞>
-『ブラック・スワン(Black Swan)』
-『ザ・ファイター(The Fighter)』
-『インセプション』
-『キッズ・オールライト(The Kids Are All Right)』
-『英国王のスピーチ』
-『127時間(127 Hours)』
-『ソーシャル・ネットワーク』
-『トイ・ストーリー3(Toy Story 3)』
-『トゥルー・グリット』
-『ウィンターズ・ボーン(Winter's Bone)』

<主演男優賞>
- ハビエル・バルデム(Javier Bardem)--『Biutiful ビューティフル(Biutiful)』
- ジェフ・ブリッジズ(Jeff Bridges)--『トゥルー・グリット』
- ジェシー・アイゼンバーグ(Jesse Eisenberg)--『ソーシャル・ネットワーク』
- コリン・ファース--『英国王のスピーチ』
- ジェームズ・フランコ(James Franco)--『127時間』

<助演男優賞>
- クリスチャン・ベール(Christian Bale)-- 『ザ・ファイター』
- ジョン・ホークス(John Hawkes)--『ウィンターズ・ボーン』
- ジェレミー・レナー(Jeremy Renner)--『ザ・タウン(The Town)』
- マーク・ラファロ(Mark Ruffalo)--『キッズ・オールライト』
- ジェフリー・ラッシュ--『英国王のスピーチ』

<主演女優賞>
- アネット・ベニング(Annette Bening)-- 『キッズ・オールライト』
- ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)--『ラビット・ホール(原題、Rabbit Hole)』
- ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)--『ウィンターズ・ボーン』
- ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)--『ブラック・スワン』
- ミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)--『ブルーバレンタイン(Blue Valentine)』

<助演女優賞>
- エイミー・アダムス(Amy Adams)-- 『ザ・ファイター』
- ヘレナ・ボナム・カーター--『英国王のスピーチ』
- メリッサ・レオ(Melissa Leo)--『ザ・ファイター』
- ヘイリー・スタインフェルド(Hailee Steinfeld)--『トゥルー・グリット』
- ジャッキー・ウィーヴァー(Jacki Weaver)--『Animal Kingdom』

<監督賞>
- ダーレン・アロノフスキー(Darren Aronofsky)--『ブラック・スワン』
- デヴィッド・O・ラッセル(David O. Russell)--『ザ・ファイター』
- トム・フーパー(Tom Hooper)--『英国王のスピーチ』
- デヴィッド・フィンチャー(David Fincher)--『ソーシャル・ネットワーク』
- ジョエル(Joel Coen)&イーサン・コーエン(Ethan Coen)--『トゥルー・グリット』

<アニメーション賞>
- 『ヒックとドラゴン(How to Train Your Dragon)』
- 『イリュージョニスト(The Illusionist)』
- 『トイ・ストーリー3』

<外国語映画賞>
- 『Biutiful ビューティフル』(メキシコ)
- 『Kynodontas』(ギリシャ)
- 『Haevnen』(デンマーク)
- 『Incendies』(カナダ)
- 『Hors-la-loi』(アルジェリア)

(c)AFP/Michael Thurston      元記事はコチラ

コリン~ 凄いです~。 よく頑張りました~ (||li`ω゚∞)

 ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

本当にこつこつと、地道な努力が実を結びました。。。まだノミネートだけだけど嬉しいです~! 蓋を開けたらノミネートだけ…なんていう悪夢も頭に描きつつ、、、2月の27日に期待します!

そして単純に『英国王のスピーチ』は、予告を見ておもしろそうだし、絶対観に行くぞぉ!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/11

ショック!

NHK-BSで、半年ぶりにアグリーベティERなどの海外ドラマの新シリーズが始まって、やっほーいヽ(´▽`)/ と思っていたら、、、Betty

アグリーベティーがこのシリーズ4で終わり…。それも打ち切りなんて!

 (´;ω;`)ウウ・・・ ダークエンジェル以来のショックです。

ベティ(右写真:左側が実生活で右側がベティ時です。)をいじめる、マークやバネッサウイリアム扮するウィルミナにどうしても馴染めず、最初はこのドラマを敬遠していたけど、
二人の背景や“MODE”の人達のことを知ると、どんどん面白くなってきて、特にマークとアマンダの掛け合いったら。。。(≧∇≦) 実生活でも仲の良い感じが良く出ていて楽しい!

Betty00

マーク役のマイケルユリーはお洒落さんで! もちろんスタイリストさんが付いているのはわかっているけど、スタイルがいいから。

シーズン2のときだったか、ドン君と同じネオンのTシャツをジャケットの中に着ていて、テレビの前で思わず『キャーッ!』て叫んじゃいました。心の中で。うふふ

…そんなお楽しみも今回限り。

本国アメリカでは、ファンが映画化を希望しているけど、なんだか『SATC』や『プラダを着た…』とかぶっちゃう?

ダークエンジェルの時もそうだったけど、お金がかかると費用対効果がすぐさまはじき出されて“打ち切り”になっちゃいますね。アメリカもシビアです……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

 

         ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

ERは今シリーズが最後だと身構えていましたが、初回から、プラットを殺すことはないでしょう!!と、怒り爆発です 凸(`Д´メ)

彼が登場したとき、いけ好かない男(汚い言葉でスミマセン。)だと思っていましたが、カーターなどと同じくどんどん成長していきます。

当初はこのドラマも、ER内のメンバーがくっついたり離れたりで、ビバヒルみたいになってましたが、近頃そういうのもめっきりと減ってきていい感じになりました。

巨匠マイケルクライトンが恋愛モノが好きだったのでしょうか?

 

とにかく、この秋冬に大好きなドラマが2本終わっちゃうんです。モンクも終わったし。アメリカのドラマをまた、見る機会が減りそうです。。。(;´д`)トホホ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/30

食べて、祈って、恋をして

日本嫌いか?と噂されたジュリアロバーツが、日本へプロモーションしに来たのは、かなり力を入れた映画に違いない、、、と思ったのと、バリのウブド地区の動く映像を見たかったので、またまたレディースデイを使って観に行ってきました。

 だけど、どうなんでしょう~この映画 (;´▽`A``

Eatpraylove

                      公式HPはコチラ

大きくは4つの場面があるわけですが、140分間あんまりメリハリが無くて、そして主人公の気持ちが、なにがきっかけで変化していくのか、今ひとつ説得力に欠けます。

離婚とその後すぐの恋が大変だったから、という理由でリセットするために1年間も旅をしよう!となる主人公の気持ちに感情移入できなくて。

そして風光明媚な場所を旅するんだから、風景をもっと見せて欲しかったのに、人との関わりに重きを置いているようなので、自然や歴史が感じられる場面が少なかった。。。

最近、フツーに映画を観に行って感動することが少なくなりました(^-^;。韓流ドラマのちまちま(良い意味で!)したものに感化されているせいかな?
“恋をする”感覚にしても、韓流ドラマを観ている方が胸キュンすることが多いです(。・w・。 )

 

それでもって、映画が終わって出てきた女子が口々に「寝てしもたわ~」って (lll゚Д゚) 

 

 …じゃあ次は、こないだのAERAでやたらと褒められていたコリンファースの『シングルマン』を観に行こう!!!

Singleman

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/13

なんかバタバタしてました。

先週1週間は、なんだかばたばたしていて、昨日、今日はぼ~っとしてます。

そして昨日は久しぶりに、BSで放送されていた『小説家を見つけたら』をのんびり鑑賞しました。

2000年の公開時、気にはなってたけど、劇場で観ることなく数年後にテレビで観ましたが… 劇場で観なかったことをとっても後悔しつつ、本屋へ直行しました。

ショーンコネリーが、なんといってもイイんです。いいおじいさんなのに格好良くって、上手くって。

役どころと出身地が同じ(スコットランド)で、スコッチのJ&Bをストレートで“くいっ”とやるところも当然、さまになっているし、大好きな映画です。

 

 
…で、ショーンコネリーと言えば『007』ですが、若いときのショーンコネリーはちょっと苦手かな~。
←←『薔薇の名前』あたりから、格好いいな~と思うようになりました (*^m^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/27

やっぱり、シャーロックホームズ

名探偵は?と聞かれて間髪いれずに答えるのは、なんと言ってもシャーロック・ホームズですね。探偵もので好きな本は?と聞かれたら、即座に『アルセーヌ・ルパン シリーズ』と答えるのですが。。。

小学生の頃、近くの図書館に入り浸っては、ホームズシリーズとルパンシリーズを読んでいました。

遙か昔のことですっかり内容を忘れ去っていましたが、以前、NHKで『シャーロック・ホームズの冒険』が放送されているのを知り、ホームズ役のジェレミー・ブレッドを見て「ほんと、はまり役~」とひとり悦に入り、ストーリーを思い出しながら観ていました。

  
えっと、そのジェレミーも数年前に亡くなってしまい、楽しみにしていた続編とか特別編なんかも、もう制作されないのが残念です。

変わったところでは、『心理探偵フィッツ』や『名探偵モンク』なんかも好きです。どちらも個性的で変人ですが、憎めない~ (;´▽`A``

ところで、『心理探偵フィッツ』のフィッツ・ジェラルドを演じていた役者さん(ロビー・コルトレイン)は、ハリポタシリーズのハグリットなんですよ~!

Hug

     心理探偵フィッツ DVD-BOX1

 

コネタマ参加中: あなたが好きな“名探偵”は誰ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)