« 軍服務中カン・ドンウォン、映画‘カメリア’でまた会う | トップページ | 堂々の6位 »

2011/10/15

地上波テレビドラマ、俳優が消える

もともとドン君はドラマに出ないから、視聴率に直接関係しないけどね~(;´▽`A``

[日刊スポーツ] 2011年10月07日(金)午前09:25

                            [日刊スポーツオムドンジン]

地上波テレビ劇場が'俳優飢饉現象"に患っている音を出している。水準級の俳優たちが、総合編成チャンネルの開局特集ドラマに追い込まれたうえ、盛んに煙を水に上がった俳優たちが軍入隊"書くほどの資源がない"という話が共通した意見だ。状況がこのようだから、演技力と興行性が検証された俳優をキャスティングするのは"至難のわざ"になった。演技経験のあるアイドル歌手と映画出演の便りがまばらな映画俳優のキャスティングが残りのカード。最近、放送局とドラマ製作会社らの頭を病むしている"俳優飢饉現象を調べた。

A級俳優の終篇行も'俳優飢謹現象'の一原因だ。 12月初放送を予定した開局特集ドラマにキャスティングされた俳優を見れば口がぽかんと開かれる。 TV朝鮮の特集劇'韓半島'はファン・ジョンミンを'スピード'はユ・アインの出演を早目に目をつけた。 jTBCは'パダムパダム…、彼と彼女の心臓拍動の声'にチョン・ウソンとキム・ボムを一緒にキャスティングした。 '発効家族'はパク・ジニのパートナーでソン・イルグクの出演を確定した。
既存地上波3社も終篇特集劇に対抗するために終篇開局日より、1~2ヶ月先立ってミニシリーズをローンチする強硬姿勢を置いた。 だが、二課程度順調ではなかった。 タレント イ・サンユンはKBS 2TV 'ブレーン'主人公で内定して台本リーディングまで終えたが出演が白紙化された。 製作会社はイ・サンユンの年齢と配役が合わないという点を理由で前に出したがソン・スンホンが出演を調整中であったという事実が一歩遅れて知らされた。 終篇と競争する状況でイ・サンユンでは視聴率を引いてきにくいという判断をしたのだ。
来年1月初放送を控えた地上波3社のドラマ キャスティング状況はもっと深刻だ。 あるドラマ製作会社関係者は"1月放送する3社6個ミニシリーズ全部キャスティング難航していると知っている"と明らかにした。 終篇行を確定したある俳優の所属会社関係者は"終篇だとして条件がより良いのではない。 ドラマ製作環境もまだベールに包まれている。 単に演技者には新しい挑戦であることもあって、所属会社としては開局作をしてある程度先行獲得効果を期待することもできる。 最近終篇ドラマ出演が流行のように広がるのもこのためだ"と明らかにした。

▲1人除隊すれば1人入隊して。

ヒョン・ビンも行ってドンウォンも行って….
ヒョン・ビン・カン・ドンウォン・イ・ジュンギ・キム・ナムギル・イ・ドンゴン・弛緩など真っ最中延期(煙、演技)に草木が水分を吸い上げた俳優らの軍入隊も'俳優飢謹現象'に一つの要因だ。 一部では今年この現象が極に達したのを置いて'韓国ドラマの不況のため'という意見もある。 あるドラマ関係者は"韓国ドラマ輸出がここ数年間続きながらスターらも軍入隊を引き延ばした。 だが、最近韓流が俳優で歌手へ渡ってドラマ輸出が停滞しながら俳優らも入隊時期を捉えていると見られる"と伝えた。
韓国ドラマ市場で活発に演技活動を広げてきた1980~1982年生まれ俳優らの軍入隊が続いたのも理由となる。
82年生まれの場合、学業などを理由で入隊を先送りしたが入隊年齢制限にためにもうこれ以上は延期(煙、演技)が不可能だ。 代表的なスターが来る10月11日入隊を決めた歌手兼俳優チョン・ジフン. 映画'非常:太陽近く'を最後に議政府(ウィジョンブ)306補充隊に現役入隊する予定だ。
あるドラマ関係者は"20代後半で30代初めの延期(煙、演技)が可能な俳優は現在2~3人程度の外に浮び上がらない。 軍入隊をしたり、予定だ。 チョ・インソンが良い例だ。 軍除隊後ラブコールがあふれるのもそれ位のカードがないためだ。 除隊したスターが空席を埋めるべきなのにドラマでない、映画でカムバックを望むのも飢謹現象に一役するようだ"と説明した。

▲外注製作会社俳優キャスティングに重い病気にかかる。
最近会ったある放送会社関係者は外注製作会社選定と関連して病む話をした。 彼は"最近キャスティング作業がますます難しくなって、放送局立場では製作能力に問題があってもキャスティング上手にする製作会社をむやみに(無条件)1等で打つ"と明らかにした。 キャスティングが明らかに製作会社の能力だがそれだけ考慮して見たら、質低いドラマが連鎖的に出てくるという指摘もある。 ある製作会社は最近製作したミニシリーズ2編(便)が連続一桁視聴率を記録する屈辱を味わった。 だが、韓流スターなどA級スターらをてきぱきキャスティングしてきて、放送関係者では依然として大きい大声を張り上げているという後門(後聞)だ。
あるドラマ製作会社代表は"A級俳優だけキャスティングすれば認められる雰囲気だ。 ドラマが興行に失敗したといってもその時だけだ。 またスターをキャスティングしてくれば編成を渡すことが現実だ"と伝えた。 関係者は"地上波で外注で移籍したスターPDが障壁が高い地上波の代わりに終篇と手を握るのも理由だ。 これらが最近終篇と契約しながら俳優らもPDに従っていく場合もたびたびある"と明らかにした。
엄동진 기자 [kjseven7@joongang.co.kr]
元記事はコチラ

|

« 軍服務中カン・ドンウォン、映画‘カメリア’でまた会う | トップページ | 堂々の6位 »

06)韓国の映画、ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地上波テレビドラマ、俳優が消える:

« 軍服務中カン・ドンウォン、映画‘カメリア’でまた会う | トップページ | 堂々の6位 »