« きゃ~!!! (v^ー゜)ヤッタネ!! | トップページ | ロン毛。 »

2009/05/20

お疲れ様でした~!

もうみなさん、ご存知のとおりですが、、、自分のメモのためにもこの記事をUPしないわけにはいきません! …へへへ、と。。。ドン君、お疲れさま~

200905190

 映画<田禹治> (制作:映画社家/提供: CJエンターテイメント、ユナイテッドピクチャーズ)が、先週5月18日、フィリピンボラカイでの海外撮影を最後にクランクアップした。

<タチャ> <犯罪の再構成>のチェドンフン監督が演出を担当した<田禹治>は、濡れ衣を着せられて絵掛け軸に閉じこめられた朝鮮時代の道士‘田禹治'が500年後の現代に封印から解放されて世の中を散らかす妖怪たちに対立して戦う活躍の姿を描いた映画で、カンドンウォン、ギムユンセオク、イムスジョン、ユハエジン、ペクユンシク、イェオムジェオンアなど、などスクリーントップスターがオンパレードしている。

100億ウォン台の制作費を投入して作成する超大型プロジェクトにふさわしく、 <田禹治>は、昨年9月に撮影を始め、なんと8ヶ月の間、ソウル-釜山(プサン) -大邱-鉄原-全州-益山など全国を回って、フィリピン海外撮影まで大規模なロケを消化しており、都心のビル林でワイヤーアクションとカーチェイスなど映画の中、主要場面を清渓川,江南大路,明洞,仁寺洞など、交通規制と人が殺到する問題で撮影許可さえ難しいソウル都心繁華街で撮影を敢行して首都ソウルを代表する空間をありありと盛り出して話題になった。

さらに、主演俳優たちが皆、ワイヤーアクションの撮影を進行しているだけに、アクションの比重が大きい映画で、俳優たちの肉体的苦労も手強いものだった。主人公'田禹治'役のカンドンウォンは、撮影前から、ソウルアクションスクールでワイヤ、剣術、格闘訓練などの手にまめがいっぱいできるほど厳しい訓練を受けており、撮影量の半分以上がワイヤーアクションだから、体重が5kg以上減少し、全身にあざのできない日がなかったが、高難度のアクションまで、ほとんどの場面を代役なしで直接消化する闘魂を見せてスタッフたちの賛辞を受けた。

8カ月間の撮影の大長征を終えた<田禹治>は、映画の中の華麗なアクションとの時空間を行き来する膨大なスケールの道術ファンタジーをリアルに表現するために、約6ヶ月にわたる編集作業の後、来る12月に封切られる予定だ。

文_韓大洙記者(ムービースト)

5キロ以上痩せたとか、手にマメを一杯作ったとか、全身あざだらけになったとか、ほんとうに8ヶ月のあいだ大変でしたね。お疲れ様でした

ほっとするまもなく、次作『義兄弟』のクランクインが迫っているし、入隊までの間はまだまだ忙しそうですね、ますますがんばってください~

   …そして、私なんぞが“がんばって!”など言わなくても、がんばるドン君には、、、

 どど~~んと、こちら→→→Photo_4

     の写真で癒されてもらいましょう 

そ。 どーーーーーーーん! とね。

|

« きゃ~!!! (v^ー゜)ヤッタネ!! | トップページ | ロン毛。 »

01)カン ドンウォン<강동원>」カテゴリの記事

06)韓国の映画、ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お疲れ様でした~!:

« きゃ~!!! (v^ー゜)ヤッタネ!! | トップページ | ロン毛。 »