« ソウル、なんでもレポート⑧(2008.1編) 終了。 | トップページ | GDWの余波~。。。 »

2008/05/08

韓流スターとスター監督

今はこういうシーズンなんですね~ いずれ劣らぬ監督&俳優チームなので、完成まで待ち遠しいです。日本ではそういうの、最近あんまりないかなぁ?って、知らないのは私だけ

韓国映画、韓流スターとスター監督が相次いでコラボ
                    2008/05/02(Fri) 13:46 

01

韓国映画スター監督とトップ俳優が手を組んだ。韓国映画制作編数の急減と類例ない不況の中で監督と俳優のスターパワーが、韓国映画の巻き返しをはかるきっかけになるか、期待を集めている。まずポン・ジュノ監督は、トップスターウォンビンをキャスティングした。チェ・ドンフン監督はカン・ドンウォンとイム・スジョンという最高のコンビで新作に対する期待感を高めている。パク・チャヌク監督は、長年のパートナーソン・ガンホと『コウモリ』を撮影中で、興行監督ユン・ジェギュンもお馴染みのコンビ、ハ・ジウォンをキャスティングし、100億ウォンが投入されるブロックバスターを演出する。

映画ファンをときめかせる豪華キャスティング、最高のコンビの出演が続々と決定し、彼らが披露する新作に対する期待感も徐々に上昇している。スターのチケットパワーが消えたとは言うが、俳優たちの魅力を引き出す上で卓越した才能を見せて来た監督と手を組むトップスターのカムバックは、やはり期待度を高める。『グエムル-漢江の怪物-』『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督と出会い、4年ぶりにスクリーンに復帰するウォンビンの姿は、様々な関心を呼び起こしている。中堅女優キム・ヘジャと共演し、無鉄砲だが純粋な息子役を演じるウォンビンが、ポン・ジュノ監督の演出でどのように変貌するか、気になるところだ。

02

03

『イカサマ師』『ビッグ・スウィンドル(原題:犯罪の再構成)』のチェ・ドンフン監督は、最高のキャスティングとも言える超豪華出演陣を布陣させた。古典ファンタジー小説『田禹治伝』を脚色した『田禹治』に出演する俳優は、カン・ドンウォン、イム・スジョン、ユ・ヘジン、キム・ユンソクだ。名前だけ聞いても期待されるこの映画は、韓国型スーパーヒーローの誕生を予告している。致命的な不倫に陥る吸血男の物語『コウモリ』で、今まで見せたことにない面貌を披露するソン・ガンホとシン・ハギュン、『セックス イズ ゼロ(原題:色即是空)』『1番街の奇蹟』の興行コンビのユン・ジェギュン監督とハ・ジウォンが再会する韓国型ブロックバスター『海雲台』も、高い関心を集めている。

           © Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24 

|

« ソウル、なんでもレポート⑧(2008.1編) 終了。 | トップページ | GDWの余波~。。。 »

01)カン ドンウォン<강동원>」カテゴリの記事

06)韓国の映画、ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓流スターとスター監督:

« ソウル、なんでもレポート⑧(2008.1編) 終了。 | トップページ | GDWの余波~。。。 »